Blog

ブログ更新情報


2021

私のサッカー人生|宝居俊之介(4年)

私のサッカー人生


平素より帝京大学サッカー部を応援していただき誠にありがとうございます。


また、新型コロナウイルスの感染が拡大する大変な状況の中、
サッカーをできる環境を整えてくださっているサッカー関係者をはじめ大学関係者、医療従事者の方々並びに保護者の皆様、心より感謝申し上げます。


2021シーズン帝京大学体育局サッカー部の副主将を務める宝居俊之介と申します。


まず、私の自己紹介を簡単にさせていただきます。

小学1年生からサッカーをはじめ、

平山FCA → YS日野 → 多摩平Jr.SC

と小学生の時に2度チーム変え、

FC多摩(中学) → 流通経済大学付属柏高等学校 

を経て、現在、帝京大学に所属しています。


ブログを書くのは初めてなのでどんな感じで書けばいいかわからないですが、自分の想像している感じで綴っていきます。

と言ってもほんとに何を書いていいかわからないし、西田君みたいに熱いことをかける器でもないので今までの人生を振り返っていきたいと思います。


まずサッカーを始めたきっかけは、幼稚園の頃の遊びでやっていたサッカーが楽しかったからだと思います。

色々な遊びをしていましたが、サッカーがとにかく一番好きで、遊びの延長線上で小学生になってサッカーを始めました。



小学生



初めは地元の小学校チームに入り、とくに何を目指しているわけでもなく普通に遊び感覚でやっていました。

それでも試合に負けるのは嫌で、ちょっとしたミニゲームに負けただけで泣いていたのを覚えています。強いチームじゃなかったので試合に0-10で負けたこともありました。その時はもう号泣です。0-4くらいになった時から試合中なのに泣きながらプレーしていました。

そんな出来事もありながらもっと上のレベルでサッカーしたいと思うようになり、小学生の間に2度チームを変えました。



中学生



中学生ではクラブチームでサッカーがしたいと思い、FC東京、三菱養和調布、横河武蔵野、東京ヴェルディなど色々なチームのセレクションを受けました。

しかしほとんど落ち、そんな中で唯一入ることができたのが、FC多摩でした。いくつものチームのセレクションに落ちて中学の部活でサッカーをやろうとしていた自分を拾ってくれました。

あの時、FC多摩に入ることができなければ今の自分はなかったでしょう。

そんなFC多摩での3年間はサッカー人生で1番辛かったと思います。小学生の頃とは厳しさが違いすぎてやっていけるかとても不安でした。特にFC多摩伝統の練習メニューがあるのですが、それがもう段違いにきつすぎて、練習中にトイレに行って吐いたことも何回もあります。でもそんな日常が今思えば楽しかったです。練習が終わって友達と一緒に自転車で帰る時間はとても好きでした。


FC多摩の時代で忘れられないのが3年生の時のクラブユースの試合です。勝てば関東ベスト8のトーナメントの試合。2-2で延長戦になりそれでも決着がつかずPK戦までもつれました。自分は3番目。敵味方全員が決めた状態で回ってきました。自分がゴール右下に蹴ったボールはキーパーに止められました。その後も全員が決め、自分だけが外して試合終了。負けました。サッカー人生で一番後悔が残った試合です。なんで右下に蹴ったのか、もっと強く蹴っておけばと思ったことは何回もあります。あの試合の自分がPKを止められたシーンは今でも鮮明に覚えています。FC多摩の自分と同期のみなさん。この場をお借りして謝ります。すいませんでした。笑


そんな苦い思い出もあり、苦しい思い出もありましたが、FC多摩の3年間はとっても内容の濃い、楽しい3年間でした。

(GKの左隣で頭を触っているのが宝居)

 


高校生



そして高校では寮生活をすることになりました。親元を離れて暮らすのはとても不安で、正直めちゃくちゃ嫌でした。

しかし、頭も良くないし勉強で受験するなんて考えてもいなかったので、サッカーでの推薦で進学するしかありませんでした。

そんな高校生活は辛いことや楽しいことがたくさんあった3年間でした。

1年生の時は自分の学年で試合に出続けることができ、リーグ戦も優勝。大会を通じてMVPになることもでき非常に楽しかったです。あと2年間も、意外とこのまま上手くいくのかな、なんて思ったりもしていました。

でもまあそんな訳もなく、次の1年は怪我だらけ。ほとんどプレーすることはできなかったです。そしてその後は、復帰しても一度もTOPチームで試合に出ることはできませんでした。

今思えばこの1年間の過ごし方が非常に勿体なかったなと感じています。怪我をしてプレーできないことを言い訳になにもしなかったからです。その時できることをもっと考えてやっていれば何か少しは変わったかもしれないのに、って少し後悔しています。

自分たちの代はインターハイ優勝、選手権準優勝という成績を残しましたが、素直に喜べない自分がどこかにいました。もちろんチームとしてそのような結果が残せたことは誇らしいことです。しかし自分は試合に何も絡んでいない。そう考えると悔しかったです。寮のベッドで誰にも気づかれないように泣いたこともありました。


そんな1年間をBチームで共に過ごしたのが、現在の帝京大学の主将である金井君です。

初めて一緒にCBを試合で組んだ時は「こんなうまいやついんのかよ。TOPチームで試合に出てない理由がわからない」っていうのが最初の印象でした。

もう自信満々に俺について来いって感じでとても頼もしかったです。

そんな金井君と今でも同じチームでサッカーできていることはとても幸せです。金井君、残りの大学生活もよろしくお願いします。


いざ負け続けると、悔しい、勝ちたい、と...



そんな私ですが、大学では部活に入るか正直迷っていました。

大学で部活に入ってサッカーを続ける意味はあるのかと、周りでは高校でサッカーをやめている友達も多く、自分も自由な時間をたくさん作って遊んで過ごしていきたいなと、そんな風に考えていました。

しかし、そんな時に両親に言われました。

「本気でサッカーに取り組めるのは大学生が最後。社会人になったらそんな機会はないし、遊ぶ時間だってたくさんある。」と。

その言葉を受けて、もし大学で部活をやらなかったら将来必ず後悔すると思い入部を決めました。

入部し最初のシーズンは都2部リーグに所属しており、雰囲気も高校に比べてとても緩く、4年間楽しく続けていければいいなと考えていました。試合にも出させてもらい、1部リーグに昇格することもでき楽しい1年間でした。

しかし、昇格し1部リーグで戦うと、勝つことが難しくなり悔しい試合が続きました。入部当初は結果なんて考えずただ楽しくできればいいと考えていましたがいざ負け続けると、悔しい、勝ちたい、と思ってしまいます。

それでもずっと残留争いばかり。

そんな状況が続いていくうちに、練習にも身が入らなく、サッカーを続けたことを後悔したこともありました。

友達と遊んでいる方がよっぽど楽しい、部活に時間を縛られるのがイライラする。2・3年生はそんなこと思いながら部活をやっていました。

でも、やっぱりここまで続けてきて思います。サッカー好きだなって。

負けて悔しい思いをすることも、ミスして落ち込むこともたくさんあるけど、自分はサッカーが好きだなって。

自分はプロを目指しているわけでもないので、今年は本当の意味でサッカー人生のラストです。

就職活動もあり試合に関われる回数は減ってしまいますが、今までのサッカー人生に恥じないよう、将来、後悔が残らないようこの1年間頑張っていきたいと思います。



最後に。

現在、新型コロナウイルスの感染が拡大し世界中が苦しい状況にあります。そんな中、医療従事者の方々は最前線で体を張って戦ってくれています。そんな方々に感謝の気持ちを忘れずに、一刻も早く収束するよう一人一人が自覚ある行動をとってください。みなさんも生活していくうえでストレスに思うこともあると思いますが今は我慢の時です。軽率な行動をとらず、一人一人が当事者意識をもって生活していきましょう。



拙い文章でしたが、最後まで読んでくださりありがとうございました。

これ以上書いてもだらだら長い文章が続くだけなのでこれくらいにしておきます。

ただただ自分の今までのサッカー人生を振り返らせてもらう場として書かせてもらったのでつまらない内容だったと思います。すいません。



長くなりましたがお付き合いいただきありがとうございました。

これからも帝京大学体育局サッカー部をよろしくお願いします。



次回は、見た目はチャラいけど実は熱いハートの持ち主、堀部君です!



宝居俊之介|SHUNNOSUKE HOKYO

学年:4年

学部:法学部

前所属チーム:流通経済大学付属柏高校


コメント
名前

内容