Blog

ブログ更新情報


2021

唯一の誇り|飯村康太(4年)


唯一の誇り


私が帝京大学サッカー部で感じた事を不特定多数の方にお話しする事は、今まで無かったので何をお伝えすれば良いのか、正直ギリギリまで考えてました。

それでも、自分にも1つだけ帝京大学サッカー部に入り感じた事の中で伝えたい事があったのでお伝えしたいと思います。


いきなりですが、自分はサッカーにおいて全く自信がありません。

足が遅い、ボールを扱う技術もない、体力もない。

正直、何も無い選手。なのに、努力でも人に勝てない。

自分のプレー面での悪い所を挙げるなら、無限に出て来ると思います。

サッカーが好きか嫌いかを聞かれてもよく分からないと答えるのが本音です。


大学サッカーでは、椎間板ヘルニアに悩まされ、9ヶ月の離脱を4年間で2回経験しました。

その他の病気や怪我を合わせれば、私がプレーできた期間は全体の半分くらいだと思います。

正直、何百回とサッカー部を辞めようと思いました。

友人たちと飲み会に行ったり、女の子とデートしてる時間の方が何倍も楽しいと感じた事、サッカーが邪魔に感じた事が何百回とあります。


ですが幾度となく鬱陶しく、苦しい思いやキツい思いをしても、最後まで辞めず続けた理由は間違いなく仲間が居たからです。

辛い時には支えてくれて、顔を合わせればいつもふざけて楽しませてくれる、学年会なんかバカみたいに大騒ぎする同期の存在。



怪我してる時にはメッセージをくれ、辞める相談をすれば必ず引き止めてくれる、ふざけたプレーをすればしっかり怒ってくれる。そんな奴らばっかりです。笑


最初に述べた様に自分には何も無いです。

ですが、後輩や先輩、素晴らしい同期が居れば自分は強くなれます。

平気で相手にも牙を剥き、体を張り声を荒げます。

自分にとって、同期のメンバーは誇りであり大学生活1番の宝だと自分は思います。


どんなチームよりも、「頼もしい同期がいるから」自分に自信が持てます。

そしてそんな同期がいるのに、中途半端に芋引いて逃げるのは男じゃないと自分は思っています。

結果、仲間の存在、仲間への想いが自分をサッカーに向けさせ、成長へと繋ぎ、強くしてくれています。


伝えたい事



『人を想う事が相手の為になり、相手の幸せになる事で自分が幸せになる』


人間は生きて行く以上、誰かと接して行かなければいけないと自分は思っています。

その上で相手に思いやりを持ち接する事で、周りの人達が幸せになり、結果としてそれが自分の幸せになる。

人を想う事は、自分を想う事だと、私は同期と接した中で思いました。



社会でも仲間でも恋愛でもそうですが、人の想いを踏みにじる人は大した事のない人間だと思います。

人の恩を結果で返し、人との約束を死んでも守る事。

思いやりを持つこと。

これが出来れば人との付き合いはうまく行くと思います。

こんなに1人じゃ何も出来ない自分でも、こんなに頼もしく誇れる仲間に出会えました。

もし、悩みや辛い思いをしてる人がいるなら周りの誰でもいいので頼ってください。

この世には孤独な人なんて居ません。

必ず誰かがあなたを想ってくれています。

自分を変えなくてもいい、途中で逃げてもいいと私は思っています。

その分周りの人達を受け入れて、辛い人を支えてあげれる人間になれればいいと思っています。

自分も芯の通った、愛のある男になります。



同期へ


最後に同期へ少し書かしてもらいます。

同期では無い方、最後まで読んでいただき本当にありがとうございました。


まずは同期のみんな、出会ってくれてありがとう。


自由に書いて良いって言われて、正直皆の顔が1番最初に出て来て、皆のことを書こうと決めていた。


何回も言うけど俺はみんなが大好きだし、俺の大学生活の1番の宝。

今はCチームに居るけど、都リーグで4年が出て勝ったり、アイリーグで勝ったりしたら俺は何よりも嬉しいし、誇らしい。

振り返れば延々と想いを書けてしまうのだろうけど、俺の大学サッカー最後の同期がみんなで本当に良かった!と思っています。


引退したら学年会バカみたいに騒いでやりましょう。



次は学年1番のムードメーカー、通称おいちゃん事及川です。期待しててください🔥


飯村康太|KOTA IIMURA

学年:4年

学部:医療技術学部

前所属チーム:昌平

コメント
名前

内容