Blog

ブログ更新情報


2021

感謝の気持ち|奥野亮汰(4年)



感謝の気持ち


平素より大変お世話になっております。



今回部員ブログを担当させていただくことになりました、経済学部4年の奥野亮汰と申します。



このようなブログを書く機会は初めてで何を書いたら良いのか分かりませんでしたが、



自分なりの考えを書かせて頂いたので最後まで読んでいただけると幸いです。



さて帝京大学サッカー部としての活動も後少しで終わろうとしています。



振り返ってみるとあっという間の4年間でした。



なぜ、大学でもサッカーを続けているのか。



サッカーというものは自分を語る上で1番大きいものであり、



今までの自分を作ってきてくれたものであります。



周りに、



ずっとサッカーやっててすごいね



サッカー大変じゃないの?



と言われることもあるが、あまりピンとこなかったです。



自分にとってサッカーをすることは寝ることやご飯を食べることと同じで日常生活の一つになっていました。



そのくらいサッカーが自分に染み付いていました。



おそらく自分だけではなく、



みんな表立って言わないだけで



他の部員も、



サッカーが好きなんだと思います。



だからこそ、大学生になっても部活でサッカーを続けているのです。



確かに、大学で部活に入ってサッカーをすることで他の何かの機会を失っているかもしれません。



好きなことをやるのはいつでも楽しいって意味じゃないと感じます。



OFFは週1しかないし、



ピッチの四つ角にコーンが置かれてる恐怖だったり、



ダブルボックス、クーパー、とかいうサッカーをやってる人にしかわからないキツさだったり、



他人の遅刻で地獄のように走ったり、



色々ありすぎます。



多くの経験をサッカーが教えてくれました。






大学サッカーも残り2ヶ月程ですが、



高校の部活を3年の春に辞めた自分は、大学では必ず部活をやり切りたいと思います。



今振り返ってもあの時、自分で決めた事に後悔はありません!







そして、



その後1年間プレーした前所属のGAFCの監督はじめスタッフの方々、選手には本当に感謝しています。



高校3年生の自分を受け入れてくださりありがとうございました。



あの1年があったからこそ、大学でもプレーができています。



出会い、タイミング、きっかけをいかに大切にするかで、人生は劇的に変わります。



傍から見たら些細なことかもしれないけど、本人にとっては動き出す大きなきっかけになるかもしれません。



これからは比にならないくらい大変なことが次々と起こるかもしれない。



理不尽なこともたくさんあります。



その度に、4年間仲間たちと過ごした日々が、



大変なことを乗り越える武器になってくれると信じています。



大切な思い出は、自分の支えになるし、居場所になるんだなって、改めて感じます。



たかが20年ちょっとしか生きていません。



人生まだまだこれからです。







共に頑張りましょう。




今いる所から、今あるもので、できることから始めてみよう。




終わりよければすべてよしです。




ありがとうございました!



奥野亮汰|RYOTA OKUNO

学年:4年

学部:経済学部

前所属チーム:GAFC

コメント
名前

内容