Blog

ブログ更新情報


2021

「成功へと導けば良い」|曽谷陸(4年)



「成功へと導けば良い」


平素より帝京大学体育局サッカー部を応援していただき誠に有難うございます。 


戦友、岡部くんからのバトンを受け継ぎました。

帝京大学 医療技術学部4年 曽谷陸です。


今回の部員ブログでは、人生の転機である怪我について綴ろうと思います。



またその話かと思われるのは重々承知ですが、あれほど自分と向き合い、多くの葛藤を経験したのは後にも先にも初めての事だろうと思うので、是非ご一読いただけると幸いです。



ただ、短編小説並みに長文になってしまったので、興味のある方だけ読んでいただけたらと思います。笑






クラブチーム出身の私にとって、高校サッカーは縁の無いものでした。


元々球際も弱く足先だけでプレーしていた自分には、泥臭く体を張るプレーは向いていないと思っていたからです。


そんな中、何となくでセレクションや練習会に参加すると、考え方が一変しました。


素直に熱くなれるってかっこいいなと思ったんです。




進学を決めた高校は、その年、選手権 東京都予選決勝まで進み、西ヶ丘まで試合を見に行きました。


その試合に感化された私は、入学前から「全国出場」と言う高い目標を掲げ、自分にも人にも厳しい存在であり続けました。


正直やり過ぎなくらいだったかも知れませんが、そのくらいしなければ目標は達成出来ない。


自分が嫌われ者でも良いからチームに欠かせない存在でいよう、そう決心しました。


トップチームに上がることは一度もありませんでしたが、自分達の代ではありがたいことにメンバーに選出され、それなりに結果も残しながら日々部活に励んでいました。






ですが、最後の年を迎えようとしていた高校2年生の夏の終わり、悲劇が幕を開けたのです。




流経とのトレーニングマッチ。

右サイドへプレスをかけた際、「ゴリュッ」と言う音が身体中に響くとともに傾いていく視界。



右膝に激痛が走り、考えるよりも先に膝を抱え込みました。



チームメイトの肩を借りながらベンチに戻ると、スタッフの険悪なムードに、あー、やっちゃったんだなと思いました。


腫れていく膝とは裏腹にまあ大したことないだろうと、ある意味言い聞かせながらグラウンドを後にしました。



案の定、結果は最悪。


復帰には最低でも9ヶ月。


長期離脱を余儀なくされました。




そんな自分とは入れ替わる形で、チームはメディアに注目され始めました。


様々な大会で優勝、全国大会への出場、SNSに取り上げられるようになりました。


その度、術後痩せ細った使い物にならない足を見ながら、一人ベッドの上で泣いていた日々が何度あったことか。





それでも、まだ諦めたわけではありませんでした。


選手権には間に合う。


復帰してから半年はプレーできる。


そこに標準を合わせ、自分自身とひたすら向き合いました。


整形外科、グラウンドでそれぞれリハビリを行う毎日。


地味で似通ったトレーニングをこなし、痛みや張りで思うように足が動かない日もそう少なくはありませんでした。


夜道を走りながら、大歓声の中にいる自分や共に喜ぶ仲間との姿を想像したりもしてました。


それくらいしかモチベーションを保つ術が無かったのです。




長いリハビリ生活が終わり、部分復帰から全体練習へと合流。

よしこれから頑張って行こうと意気込んでいた、そんな矢先。






「ゴリュッ」






え?嘘でしょ?






一瞬にして顔が青褪めました。



群がるチームメイト、心配する指導者を横目に、大丈夫、大丈夫、そんな腫れてないし。一応冷やしてくるわー。



そんな強がりを見せて教室に戻りました。




二度目の前十字靭帯断裂。




この9ヶ月間、いや、入学してからの2年半もの間、必死に積み上げてきたものが一気に崩れ落ちていきました。


何もしたくない。何も手につかない。


かろうじて繋がっていた一本の糸がプツンと、呆気なく切れてしまったのです。



結局、入学前に抱いていたきらきらとした夢は儚く散り、

選手権でプレーする望みも断たれました。



高校で頑張ろうと意気込んでいた、多くのものを犠牲にしていた当時の自分に何て言ってあげたら良いのだろうか。



ずっと支えてくれていた家族、チームメイト、指導者、恋人、活躍を期待してくれていた小、中の同級生、先輩、後輩、そして何より自分自身、様々な人の期待を裏切ってしまう形で、プレイヤーとしては早めに幕を閉じることとなりました。





サッカーの神様って不公平だよな。


今ではいじられるくらいクサい言葉をSNSに投稿していますが、


本当にそのくらい、努力が水の泡になったなと感じた瞬間でした。


劇的勝利で東京都代表を勝ち取った選手権決勝でも、

出てきたものは嬉し涙ではなく、悔し涙でした。




現実はそう上手くは行かないものです。


大学でもまともにプレー出来た期間は少なく、1年の冬に復帰してからもリハビリと復帰を繰り返すこと2年。3年の後期にやっとBチームに上がれたくらいです。



入学前に一緒に強いチーム作ろうと意気込んでた高校の同期だったり、


部に所属する気のなかった中学の同期を無理やり誘ったり、


そんなやつらが1年からトップでめちゃくちゃ活躍してたりして、、


大学でも思い描いていた通りには全然行かなくて、、




ただ、一度たりとも後悔をしたことはありませんでした。



母親に良く聞かれることがあります。


「違う高校なら良かったのかな。」

「あの時早く交代してれば良かったのかな。」と。


私は決まって、後悔をしたことは一度もないと答えます。



あの怪我をした「おかげ」で沢山の出会いがあって、


あの怪我をした「おかげ」で人付き合いが上手くなって、


何より大学の同期と出会うことができた。




人生において、挫折なんて誰にでも起こることで、

それをプラスに変えるかなんて自分次第です。




成功の反対は成長だと、私は思います。


失敗することで学ぶことがあって、


失敗することで変化を起こすきっかけになる。



その期間はチャンスと捉えるのが一流の考え方ではないのだろうか。


人生において多くの選択を強いられる中で、迷う必要なんてない。


どの選択も、先の自分には必ず為になることしかないのだから。


迷って時間をかけて諦めるようなら、

まず行動してみることが大切なのではないだろうか。



失敗と成長を繰り返す。



そうして時間をかけて導いた成功は、

何ものにも変え難い、素敵な財産に変わるはずです。




ここまで読んでいただいた方々、本当にありがとうございました。

そして、いつもいつもお世話になっております。



残り一節。

19年続いたサッカー人生終焉に向けて、頑張るのみです。

陰ながらでも応援していただけると力になります。

とにかくやり切ります。



次は、試合前の集合写真でなぜか息切らして来てみんなを笑わせる。

選手想いのマネージャー、三山さんです。


是非お楽しみに。




曽谷陸|RIKU SOTANI

学年:4年

学部:医療技術

前所属チーム:実践学園

コメント
名前

内容


名無し
2021-10-29 10:44:23

クサい言葉を素直に言える大学生ってなかなかいないです。かっこいい!応援しています!