Blog

ブログ更新情報


2021

素直と感謝|本間柊人(4年)


過去を変えたいから。

大学でサッカーを続けると決断した理由。

地元を飛び出て余力を残すことなく、

本気で選手権を目指した高校3年間。

蓋を開けてみれば、

最後の年は北海道大会準々決勝で敗退。

大雪積もる危険な環境下で、

高校サッカーと決別。

長い年月かけて本気で取り組んだ結果が、

こんな形で終わるのか。

幼少期からボールと一緒に生きてきた自分にとって、

失った自信は大きかった。

だから本気になれる環境を求めていた。






目的意識を強く入部したから、

「自分が正しい」と、

思うことには本気で取り組んだ。

この正義感がいつしか、

よくない方向にいくとは未だ知らずに。

サッカー選手をやってる以上、

「試合に出てこの仲間と勝ちたい」

高校の時の苦すぎる大雪サッカーを

他の人に経験させたくなく、

「安全な試合運営を提供したい」

帝京大サッカー部で活動する傍ら、

いつしか、

東京都大学サッカー連盟 競技委員長。

重たそうな名刺も持っていた。

この正義感を全うするために、

1時寝・5時起きの生活。

毎朝の練習でえずき、

頭に大きな10円ハゲができても、

自分の正義は全うしたかった。

本気になれる環境を求めていたから。






素直になることで気づけた。

4年生になった今シーズン当初。

3度の怪我の影響もあって、

Bチームで半年の時間を過ごした。

1年生からAチームにいる自分にとっては、

都落ちのようなもので、

今考えたら相当キツかった。

僕は本当に弱い人間だ。

うまくいかない理由を、

他人や他の何かのせいにしたのだから。

あんな過酷なメニューを課すから。

あいつがアフターで削ってきたから。

正当な評価をされていないから。

「自分はいつでも正しい」

しょうもないプライドが邪魔して、

自分に悪影響を与えていた。




ただ、ある数字をきっかけに気づけたことがあった。

0得点0アシスト。

大学2・3年の2年間。

Aチームで25試合に出場して、

残した僕の結果。

なぜこの数字で、

試合に使ってもらっていたのか。

当時を思い返した。

「おれ、だいぶ素直だったなあ」

自分の弱さ・下手さを認めて、

チームの為に走っていたこと。

自分の強さ・本気になれることを理解して、

荷物の準備、試合運営など

チームの為に裏方の仕事を全うしたこと。

周りの声に耳を傾けたこと。

素直さ。

本気になりすぎてた僕は、

大切なものを忘れていたことに気づけた。

カテゴリーなんて関係ない。

ベクトルを常に自分に向け、

置かれてる環境で素直に本気で取り組もう。






そして、10月9日の大東文化大戦。

後半残り3分。

2-0で勝っている状況で、

今シーズン初出場。

たかが3分の出場で、

時間稼ぎ要員だったとしても、

この3分がどれだけ過去に選択した、

行動を肯定してくれるものか。

素直になってよかった。

本気になってよかった。

やり続けてよかった。






3日後の最終節。

どこで何をしていても関係ない。

チームのため、仲間のために。

置かれた環境で自分の持つ、

100%のエネルギーを本気で注ぐだけ。

ピッチの上で相手と身体をぶつけてるのかな。

ベンチで仲間を鼓舞する声を張り上げているのかな。

運営本部で公式記録をとってるのかな。

階段上で試合のビデオを撮影しているのかな。

やっぱり関係なくないや。

試合に出るわ。






そして何よりも。

苦楽を共に過ごした、

仲間の存在を忘れてはいけない。

あの時、主将と電車で帰ってなかたら。

あの時、幹事長と話してなかったら。

あの時、学生トレーナーがいなかったら。

あの時、後輩がいじってくれなかったら。

このブログを書くことはなかった。

心の底から。

みんなに出会えてよかった。

大学サッカーに出会えてよかった。

帝京大学体育局サッカー部でよかった。







最後に一言だけ、

後輩に言葉を残そうと思う。

大好きな曲の歌詞から。

では。


そうないよなうまくいくばかりの人生なんて

なんの面白味もないような気がしてる。




次は、主将・金井佳祐です。


本間柊人|SYUTO HONMA

学年:4年

学部:教育

前所属チーム:札幌大谷


コメント
名前

内容


S.Y
2021-11-04 12:44:53

サッカーを通じて学べる事は沢山ある。
自分が本気でやり切ったと思えたらそれで良し。
どんな状況に置かれてもどんな時でも全てに感謝。
自分らしくね(^^)
森吉弘
2021-11-03 20:58:15

最終戦、応援に行けませんが、勝利を祈ります。それにしても、すごい雪のなかで試合したんだね。ブログ、感動しました。ありがとう。