Blog

ブログ更新情報


2021

証明|金井佳祐(4年)


平素よりお世話になっております。


北海道が生んだ熱すぎる男、本間からバトンを受け取りました。

部員ブログリレーのアンカーを務めます、主将の金井佳祐です。


まずこのような社会情勢の中、リーグ戦を開催するにあたり、多くの方に尽力していただきました。

この場を借りて、ご支援してくださった皆様に感謝申し上げます。


いよいよ部員ブログリレーの最後になります。

このような貴重な機会をいただいたので、今感じている想いを率直に綴れたらと思います。


長く、拙い文章にはなりますが、是非ご一読宜しくお願いします。

では、いきます。






昨年最下位という屈辱を味わい、どん底まで落ちた。残留争いを繰り広げる相手に大敗を喫した。

完全に失った自信。全員が下を向いた。そして思ったはず「俺たちは弱い」と。



シーズン前、勝つためどうすればいいかを考え続けた。仲間と何度もぶつかりあった。

昨シーズンのような1年にしたくない。そのために奔走した。



全員で歓喜のホイッスルを味わうために。

4年生として、後輩たちに多くのものを残すために。その一心だった。



「勝利に導く存在になる。」強い決意の下、最後のシーズンがスタートした。



特別な想いで迎えた開幕戦。相手は関東リーグから降格してきた青山学院大学。

かたや、昨年の都リーグの最下位。勝てるはずがないと、間違いなくそう思われていた。



それでも、歓喜のホイッスルを味わったのは俺たちだった。

思いがプレーに宿っていた。

心を動かされた。

全員が「勝つんだ」と、強い思いでプレーしていた。

ピッチの選手もベンチの選手も。



試合後みんなが本当に幸せそうな顔をしていて、嬉しかったのを昨日のように思い出す。



ホイッスルがなった瞬間、何にも代えがたい感情に満ちていた。

「そうか。これか。この瞬間のために沢山の犠牲を払い、サッカーをしているのか」と。

この気持ちを絶対に忘れちゃいけない。そう思った。



上を目指してサッカーをするということは、

辛いこと、上手くいかないことの方が圧倒的に多いはずだ。

努力は報われないのかもしれない。



それでも、覚悟を決め、報われると信じ、前に進んでいくしかない。

逆に報われない時間が長いからこそ、

少しでも報われた瞬間に感じる喜びもより大きいのであって、

辛い時期、報われない時期は、

大きな幸せや喜びを得るために必ず必要なことなんだ。



関東昇格に向けて、幸先のよいスタートを切った。



それでもシーズンが進むにつれ、負けが先行し、黒星を重ねていく。

そうした中で、「勝利に導く存在になる」ことはおろか自分のところでやられ、勝ち点を落としていく試合が増えていく。



自分のパフォーマンスが落ちていくのが、自分が一番わかっていた。

ミスがミスを呼び、悪循環にはまっていく日々。

そして、シーズンは終盤に差し掛かった4試合でメンバー表に自分の名前は無かった。



そして、メンバー外の4試合で全て勝利。

なかには全国3位の山梨学院に劇的な勝利。

残留に向けて、重要な勝利を重ねた。



運営としてチームに帯同し、担架係の椅子からでしか、仲間が躍動する姿を見ることしかできない。

劇的な勝ち越しゴールを奪ったときでさえ、ビデオを手にピッチから遠い場所でガッツポーズをすることしかできなかった。

本当にこんな自分が情けなくて、カッコ悪くて、悔しくて、全てを投げ出したくなった。



チームの最後の重要な局面で、ベンチすら入れない主将の存在意義ってなんだろう。

家に帰っても、なにをしてても、「俺っていらないのか」って自然と考えてしまう日々。



主将だから試合に出れるわけじゃない。

メンバーに入れるわけでもない。そんなことはわかっていた。

どれだけオフザピッチでチームのため、行動しても実力がなきゃ入れない。

十分わかってはいたが、いざ厳しい現実を突きつけられると、

今年の自分の全てが否定されているような思いだった。



あと1ヶ月しかないサッカー人生。



サッカーから離れるのに。



なんでこのタイミングなんだ。



それでも



同期が、

「最後まで佳祐を信じてる」とか。

「最後はお前が出てるのが見たい」とか。

後輩たちが、

「今日は佳祐くんのために戦ったよ」とか。



照れ臭くて、流してたけど、本当は心の底から嬉しかった。

家に帰って、自然と涙がこぼれた。

みんなが言ってくれたからこそ、練習に行く前にみんなの言葉を思い出して、「やらなきゃいけない」と奮い立つことができた。



苦しい時ほど、人の温かみが本当によくわかる。



やり続けなきゃ行けない理由が見つかった。

この時、気づいた。




存在意義というものはすでにあるものではなく、

自分で創っていくものだと。




そして、証明するものだと。




たとえそれで試合に出れなくても、その言葉に報いることができるのは自分だけなんだ。

大切な仲間のために。

支えてくれている人のために。

そして何よりチームの勝利のために。

自分のできることは全部やってやると。



結果も大事だけど、みんなが期待してるのは自分の姿勢だと思うから。

だからこそ、自分がどういう姿勢で臨むのか。

後輩に残せるものはなにか。

それはどんな境遇でもどんな立場でも。

絶対にやれることがあるはずだと自分に言い聞かせた。



最後の最後で、こんなに悔しい思いを抱えながら、引退を迎えるということは、何かの意味があるはず。

その意味を今後の人生で見つけていかなければならない。

この悔しさを晴らさなきゃいけない。




それが自分が愛したサッカーの、18年間のサッカー人生の最後の誠意だと思うから。




深く沈んだ分もっと高く飛べる。




苦しんだ分また成長できる。




そう信じて。




今は「あの経験があったから」と思える自分でいると思うし、これからもそう言えるよう頑張り続ける。




今後は戦うフィールドは変わる。

それは今まで経験したことがない世界だ。

勝ち負けやゴールの数のような単純なものではなく、より複雑で難しい世界なのかもしれない。

上手くいかないことだらけで、投げ出したくなることばかりだろう。




正直、サッカーが無くなるのが怖い。

それくらいこれまでの自分の全てだったから。




それでも




18年間続けてきたサッカーから人生の教訓にするべきはヘディングやパスなんかではなく、

「物事に向き合う姿勢なんだ」と胸に刻み、これからを生きていく。




いい時もあれば悪い時もあること。




いつだって本当の自分は苦しい時に現れること。




うまくいかない原因は自分の中にしかないこと。




腐っている時間が1番無駄だということ。




やり続けることがどれだけ尊いかということ。




18年間のサッカー人生が、そう教えてくれた。




大学で、体育会で、サッカーを続けてよかった。

帝京大学体育局サッカー部で本当に良かった。




高校3年の時、TOPチームにも入れず、大学受験に失敗し、

劣等感まみれで下した自分の選択を今は誇りに思う。




この4年間で人として大きく成長できた。




今はそう胸を張って言える。

まだまだ未熟な部分ばかりだけれど、それを気づかせてくれたことにこの4年間の意味がある。

大学サッカーの価値がある。

この4年間が必ず自分の未来を明るく照らしてくれるはず。



-----------------------------------------------------------------‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐



最後に。この場を借りて感謝を伝えます。


同期へ

みんなと過ごした4年間は本当にあっという間でした。辛い時、しんどい時、みんなと何気ないくだらない話をするだけで、なんとか頑張ることができた。笑顔になれた。前向きになれた。みんなが同期で本当に良かった。引退したらたくさん飲みに行こう。もちろん社会人になっても。これからもずっと仲間であり、ライバルです。本当にありがとう。これからもよろしく。



後輩たちへ

みんなやんちゃで言うこと聞かなくて、悩んだけどそれはお前らのいいところでもあると思うから。チームとして一体感を持って、強くなってほしい。そして1人の人間として、大きく成長してほしい。特に同じ道を歩んできた流経の後輩達。高校で味わった悔しさをこの大学サッカーという舞台で思う存分晴らして欲しい。そしてこのチームを引っ張っていけ。お前達の活躍が次の世代へと受け継がれる。ずっと応援してます。後輩たちよ、今までありがとう。楽しかった。負けるなよ!



スタッフの方々へ

4年間、お世話になりました。1年生の時から試合に出させていただきましたが、期待に沿うような活躍ができずに、申し訳ない気持ちでいっぱいです。それでも多くのことを学びました。人として成長できました。本当に4年間ありがとうございました。



FCアクティブ柏、クラブ・ドラゴンズ柏、流経大柏高校の仲間、スタッフの皆様へ

今の自分の人格を形成してくれたのは、皆さんのおかげです。そして、多方面での皆さんの活躍は今の自分の頑張る原動力になっていました。これからは自分がみんなの刺激になれるように頑張るし、みんなからの刺激も、もらい続けたいです。とは言っても、どうせもらい続けることになると思いますが!本当に幸せなサッカー人生でした。ありがとうございました。



両親へ

ろくに勉強もせず、サッカーばっかりやってる息子を温かい目で見守ってくれてありがとう。ここまで育ててくれてありがとう。感謝してもしきれません。これからはゆっくりになるかもしれませんが、必ず恩返しをしていきます。父のように強く、何にでも熱い人間になりたいです。母のように誰にでも優しく、気遣いができる人間になりたいです。いや、必ずなります。



----------------------------------------------------------------‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐



辛いことも多かったけれど、

このチームのキャプテンをやれてよかった。

1年間、みんなと駆け抜けてこれてよかった。

本当にありがとう。



いよいよ明日はサッカー人生、最後の日。



仲間と共に。明日は18年間のサッカー人生の全てをぶつける。



そして、今年の帝京の強さを全員で証明する。




準備はいいか?




さあ、いこう。




長く、拙い文章となりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

今後とも帝京大学体育局サッカー部へのご支援、ご声援のほどよろしくお願いいたします。



金井佳祐|KEISUKE KANAI

学年:4年

学部:経済

前所属チーム:流通経済大学付属柏


コメント
名前

内容